海外留学
ロータリー財団奨学生

イギリス留学を振り返って

Oさん
 
 私は国際親善派遣奨学生として2000年7月より約1年半、英ヨーク大学中世学研究 所修士課程へ留学いたしました。恵まれた環境のもとでチョーサーを中心とした中世後期英文学の研究を進め、その成果を"A Study of the Sexuality of Fabliaux Women in the Age of Chaucer"としてまとめることができました。また研究成果に限らず、ロータリアンをはじめ世界各国からの留学生と築いた友情は、今でも最高の財産です。彼らとの交流を通して「異質なものを受け入れる姿勢」がコミュニケーションの本質であり、それがやがては国際理解・世界平和へと広がるであろうことを学びました。留学というすばらしい機会を与えて下さったロータリー国際財団の皆様には、深く感謝しております。ありがとうございました。
国際親善奨学生募集


戻る 青少年交換留学制度 ロータリー財団奨学生 米山奨学生


2006 ROTARY CLUB of TOKYO-SHIBA all right reserved.