海外留学
米山奨学生

米山奨学生の経験談
Kさん
 

 私は2004年〜2005年一年間、米山奨学生として東京芝ロータリー・クラブにお世話になりました。短い1年間のお付き合いでしたが、内容のとても濃い時間でした。毎月の例会に参加することにより、礼儀、文化、ロータリアンの奉仕精神、それからコミュニケーションによる日本語などを自然に学べることができました。さらに様々なイベントに参加させていただき、日本での生活をより一層楽しめることができました。会うたびにいつも笑顔で接してくださったロータリアンの方々の姿が今でも目に焼きついています。                                             世の中では様々なきっかけで人々が出会い、いろいろな形で交流を続けています。個人的に新たな出会いを迎えたときにはいつも「この偶然な出会いは本当は必然だったかもしれない」、「この出会いは新たな私を生み出すかもしれない」と考えています。その意味で東京芝ロータリー・クラブとの出会いはまさに今の自分を生み出してくれた貴重な出会いだと思います。             これからロータリークラブとの出会いを迎える方、それから出会いを待っている方には、相手に対して常に笑顔で自分から先に一歩踏み出すと、きっと日本での生活がより一層楽しめますよと申し上げたいと思います。

財団法人 ロータリー米山記念奨学会


戻る 青少年交換留学制度 ロータリー財団奨学生 米山奨学生


2006 ROTARY CLUB of TOKYO-SHIBA all right reserved.