東京芝RCの活動

 地域人として、また世界人として、私たちは「人のためになる奉仕」とはどういうものだろうか?東京芝ロータリー・クラブでは、多彩な奉仕活動を実践しながら、この答えを見つけようろしています。

 2006年から新たに「りんごの木植樹活動」に取り組んでいます。これは環境保全の観点から参加していただく皆さん一人ひとりが自然環境保護の重要さを感じ、身近な実践として取り組めることを目的に考えています。

 毎年2月には「青少年のための介護入門教室」を開催しています。これは「うらしま」という道具を使って、高齢者と同じような体験をしてもらい、相手の立場になって物事を考え実行することの大切さを知ってもらうことを目的にしています。

 10月にはみなと区民まつりに参加して、ロータリーが開催している事業への理解と参加協力をお願いしています。アンケートでは、ボランティアへの関心が90%と非常に高いこともわかりました。同時にお答え頂いた方が介護入門教室にも参加してくださいました。

 地域青少年の育成を目的に課外授業というテーマに取り組んでいます。これは青少年に「思いやりの心、社会ルールの大切さ、国際感覚など」をロータリアンによる講話などと通してつかんでもらい、今後の人生や夢の実現に役立てば、との思いから、これまで5回実施し、大きな感動を生み出しいます。

 ネパールプロジェクト、これはネパールの母子家庭の子女たちを対象として支援及び現地における指導者育成のための支援を行っています。

 東京芝ロータリー・クラブでは地域の方々と力をあわせてこれからも青少年の育成にますます力をいれていきたいと考えています。これらの事業は若い人に素晴しい成長の機会を提供するとともに、若い人が人間的に成長していく姿を直接見守ることはロータリアンにも大きな満足感を与えています。青少年とともに考え学ぶことは、こうした満足感を生み出すのです。

 

青少年介護教室 みなと区民まつり
青少年介護教室 みなと区民まつり
りんごの木植樹活動
りんごの木植樹活動
ネパールプロジェクト 課外授業
ネパールプロジェクト 課外授業

2007 ROTARY CLUB of TOKYO-SHIBA all right reserved.